環境コミュニケーション活動

森の町内会

「森の町内会」は、森と企業・団体をつなぎ、間伐と間伐材の有効利用に取り組む活動です。中部電力は中部地域の健全な森林育成のため、「森の町内会」間伐サポーター企業として、印刷物を通して中部地域の森林間伐を積極的に支援しています。

森の町内会とは

「森の町内会」活動は、「紙」の利用を通じて森林間伐を促進する環境貢献活動で、間伐促進費が付加された「間伐に寄与する紙」を間伐サポーター企業が印刷用紙として利用し、森林整備を進めるしくみです。中部「森の町内会」では、長野県上伊那地域の森林間伐の促進を支援しています。

間伐促進費のイメージ図

間伐促進費は、間伐と間伐材の搬出にかかる費用に充てられています。
間伐サポーター企業・団体は、CSR報告書などの印刷物に「間伐に寄与する紙」を使用し「森の町内会」ロゴマークをつけることによって、自社の環境貢献を発信することができます。

間伐の必要性

間伐が行われた健やかな森の写真

間伐が行われた健やかな森(地表まで陽が届いています)
日本の山の約40%は人工林ですが、国産木材の利用低迷と林業の不振の中で間伐が行き届かず、森林の機能低下が懸念されています。
間伐が行われず、地面まで太陽光が入らない森は、森林本来の機能が果たせなくなってしまいます。
間伐を行い、地表に陽が届くようになった森林は、水源涵養、土砂災害の防止、生物多様性など森林本来の力を取り戻します。
また、健やな森林は、二酸化炭素(CO²)を吸収し、地球温暖化にも貢献します。

これまでの間伐支援実績

中部電力がサポーター企業となった2010年度から2019年度までの間に中部電力グループ全体で長野県の森 約74.36ha(ナゴヤドーム約15個分)の間伐促進に貢献をしました。

「森の町内会」の間伐に寄与する紙を使用した印刷物(一例)

中部電力グループレポート2020
中部電力広報誌 つながっている、ひろがってゆく。交流
「森の町内会」のロゴ

「森の町内会」については、こちらをご覧ください。

森の町内会

ページトップへ