環境への取り組み

水力発電の環境への取り組み

水力発電所では、ダムに流れ着くゴミや流木などを分別し、リサイクル利用できるものは加工して有効利用しています。また、水質事故に対して地元関係機関などと合同で対応訓練をしています。

水力発電所では、ダムに流れ着くゴミや流木などを分別し、リサイクル利用できるものは加工して有効利用しています。
また、水質事故に対して地元関係機関などと合同で対応訓練をしています。

水質事故対応について

水質事故対応について

ダム管理所では、河川に油が流れ出した場合などの水質事故に対し訓練を実施しております。当社単独でおこなうだけではなく、地元関係機関(警察署、消防署など)などと合同で実施しています。

ゴミの処理について

ゴミの処理について

ダムの取水口には、流木や生活ゴミが流れ着きます。環境問題に対する社会的関心の高まりや、法令の改正・強化がおこなわれ、現在では、ゴミを分別し、焼却処理の削減と適正処理をおこなっています。

分別ゴミの有効利用

分別ゴミの有効利用

塵芥破砕分別機などや人の手で分別された流木を加工し、ガーデニング用品として有効利用しています。また、落ち葉や細かい枝は、積み置きし腐葉土にしています。

ページトップへ