キッチン用家電製品は、使い方しだいで大きな省エネ効果が得られます。

ジャー炊飯器の上手な使い方

使わないときは、プラグを抜きましょう

ご飯の保温は、4時間が目安

4時間を超えると、保温のためのエネルギーより、電子レンジで温め直すエネルギーの方が少なくなります。約7時間~8時間以上保温するなら、2回に分けて炊いた方がお得になります。

(注)製品によって、炊飯時消費電力量や保温時消費電力量が異なりますので、保温の目安時間も異なります。

電気ポットの上手な使い方

長時間使用しないときは、プラグを抜きましょう

省エネの豆知識

野菜の下ごしらえに、電子レンジを活用しましょう

煮崩れが少なく、煮込み時間も短くすみます。

食器洗い乾燥機を上手に使えば、手洗いよりも実はおトク

まとめて洗う場合、効率よく活用すれば手洗い(給湯器を使用)よりも節約・節水につながります。また、洗浄終了後、扉を開けて余熱だけで乾燥させればさらに省エネです。

ページトップへ