中部電力の水力発電所

平谷水力発電所

排砂ゲートを兼用したゴム堰

平谷水力発電所は、1996年(平成8年)に矢作川上流部に建設されたもので、平谷えん堤および合川えん堤から取水しています。
矢作川は土砂が多く流れ下る川であることから、排砂ゲートを兼用できるゴム堰を採用しています。
ゴム堰は、ゴム布引の袋体を空気または水で膨張させて水を堰止めるもので、洪水時には自動的に倒伏させて河川水を流下させるとともに、土砂の堆積を防止させることができます。

平谷えん堤

平谷えん堤の写真

合川えん堤

合川えん堤の写真
運転開始 1996年4月
出力 8,100kW
最大使用水量 8.50m3/s
有効落差 113.50m
えん堤名 ゲート高 ゲート幅
平谷えん堤 2.0m 26.93m
合川えん堤 1.6m 17.28m

ページトップへ