中部電力の水力発電所

徳山水力発電所

当社で最大規模の一般水力発電所

徳山水力発電所は、多目的ダムである徳山ダム事業に発電参加したものです。最大100.4m3/sの水を取水し、164,000kWの発電をおこなう、当社で最大規模の一般水力発電所です。1号機はピーク需要対応として発電し、2号機は徳山ダム直下流に必要な水を用いて常時発電しています。

徳山水力発電所全景

徳山水力発電所全景の写真

徳山水力発電所発電機室 1号機

徳山水力発電所発電機室 1号機の写真

2号機

徳山水力発電所発電機室 2号機の写真
運転開始 1号機:2016年3月
2号機:2014年5月
出力 164,000kW
最大使用水量 100.4m3/s
有効落差 1号機:181.96m
2号機:145.71m

ページトップへ